応募方法

1. 絵地図を作る

自然が観察できるポイントと、その周辺を描いて絵地図をつくってください。場所、季節は自由です。
絵の具、色えんぴつ、クレヨンなど、画材も自由です。

(1)絵の大きさは四つ切りサイズ(392×542mm)やA2サイズ(420×594mm)程度としてください。 紙は、画用紙や模造紙で構いません。
(2)道の長さは1~2㎞(観察しながら歩いて1~2時間)くらいとし、「○○の観察路」などの名前をつけてください。
(3)道の途中に、作文で紹介する観察ポイントを設定してください小学生は 5 カ所、中高生と団体は10 カ所以上
(4)矢印などでわかりやすく道順を教えてください。

詳しい作り方を見てみよう

2. 解説文を書く

見つけた生きものの様子や、観察しながら感じたこと、気づいたことなどを観察ポイントに合わせて、わかりやすく説明してください。

(1)作文用紙やレポート用紙などに書いてください。
(2)観察路全体を400字以内で説明してください。
(3)観察ポイントごとの説明を、1カ所につき 200字以内で説明してください(小学生は 5カ所、中高生は 10カ所以上)。
(4)高校生と団体部門は、(3)に加えて、より深い観察 レポートをつけてください(例:定点観察をしてわかったこと、地元の方への聞き込みをしてわかったこと、観察してわかった環境保全上の問題点と解決方法、など)。地点数は1ポイント以上、字数は200~400字程度です。
(5)団体部門は、メンバー全員の役割分担と名前がわかるものを出してください。

 

3. 応募用紙を書く

応募用紙をダウンロードして記入するか、下記の項目について書いた紙を、絵地図、作文とあわせて下記の作品送り先へお送りください。

氏名、学校名、学年、住所(学校か自宅のどちらかお書きください)、電話番号(学校か自宅のどちらかお書きください)、どうやってコンクールを知ったか(1.学校の先生から、2.家族から、3.自然観察会から、4.日本自然保護協会のHPから、5.その他)

第33回わたしの自然観察路コンクール応募用紙(PDFファイル 201KB)

※絵地図と作文の両方にも、住所・氏名・電話番号・学校名・学年・題名を忘れずに書いてください。
※お送りいただいた作品は、自然観察路コンクールの結果発表や広報のため、新聞、雑誌、Webサイトなどで発表させていただく場合があります。これら発表については、コンクールへの参加をもってその許諾をいただいたものとします。

副賞紹介(例)

自然観察路コンクールで、自然観察を始めよう!

入賞者には、表彰状に加えて、「フジフイルム賞」として富士フイルムホールディングス株式会社より、富士フイルム社製商品を、また「協会賞」として、日本自然保護協会からも自然観察に役立つグッズや、素敵ないきものデザインのグッズをプレゼントしています。※画像は富士フイルム賞のイメージです。

副賞紹介(例)

募集要項

応募資格 全国の小・中・高校生、または小・中・高校生からなる団体(団体部門では、学年・年齢などは不問です。団体の中に、小・中・高校生が混じっていても構いません。)
しめきり 2016(平成28)年9月30日(必着)
作品送り先
お問い合せ先
(公財)日本自然保護協会 自然観察路コンクール係
104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4106 FAX:03-3553-0139
E-mail:kansatsuro@nacsj.or.jp
入選者発表 2016年11月下旬に、ウェブサイトで公表の上、主催者側から学校に通知するほか、作品タイトル・氏名・学校名・学年を、新聞・雑誌・WEBサイトなどで発表する予定です。これら情報の公表については、コンクールへの参加をもってその許諾をいただいたものとします。
小・中・高校生部門

環境大臣賞 各部門1作品
優秀賞 各部門2~3作品
入選 各部門8~9作品

団体部門

環境大臣賞 1作品
優秀賞 1作品
入選 0~2作品

※ いずれの賞でも、『富士フイルム賞』、『主催者賞』として自然観察グッズなどの副賞が授与されます。

審 査 学識経験者、主催者、後援・協賛団体などの関係者で構成する審査委員会で審査します。
主 催 公益信託富士フイルム・グリーンファンド(受託者:三井住友信託銀行)
(公財)日本自然保護協会
後 援 環境省、朝日学生新聞社、朝日新聞社、(公財)森林文化協会
協 賛 富士フイルムホールディングス、自然保護憲章普及協議会
備 考 絵地図づくりのための観察や絵地図を制作しているようすのお写真をぜひお送りください。(WEBサイトや印刷物などで公開可能なもの)